2016 真島先生のバラセミナー ジャック・カルティエお迎え編

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 17:28

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

2016年最後?のバラセミナーに行ってきました矢印上

 

今回も平田ナーセリー小戸店さん恒例の、

 

「Dr.真島」こと、真島 康雄先生のセミナーです感謝

 

IMGP3387.JPG

 

いつもながら大変お元気で太陽太陽太陽

 

今回も「健康あってのバラバラ栽培」と、熱弁されていました。

 

IMGP3388.JPG

 

また真島先生が今、世界の注目を集めている著書「脳梗塞・心筋梗塞は予知できる」の話や

 

自ら実行している、動脈のプラークを退縮させる目的の、医学的な食事療法としての

 

「Medical diet for Regression of Arterial Plaque」

 

(動脈プラーク退縮のための食事療法)・・略して「RAP食」の話も興味深い物でした驚き

 

(真島先生の影響で、私もエビオスを飲んでいますテレテレ

 

IMGP3390.JPG

 

セミナーの後半では、真島先生の最大の敵「てっぽうムシ」捕獲ツールの改良版や

 

いつもの様に先生お勧めのバラの紹介がありました。(左の人物は、若き店長です)

 

また、平田ナーセリーさんから近年の夏が高温多雨化驚きしている事、

 

2016年の夏が特に暑かった事を受けて、バラの土作りのアドバイスもをもらいました。

 

RIMG0100.JPG

 

写真の赤玉土です。バラの土を作る際に使用すると水ハケが良くなり

 

根の生育が良くなるようですよ。配合の量も色々と試されていて、

 

一番生育が良かったのは、作る土全体の20%の配合だったようです(福岡では)。

 

特に写真の赤玉土は硬質で、溶けだす事が無いそうですよ。

 

一般の物は水に溶けて、鉢底にヘドロのようにたまってしまうそうです(要注意)

 

それから、秋の苗として平田ナーセリーさん用に、

 

生産農家さんがセレクトした、元気な大苗を数種類用意していましたハート

 

RIMG0094.JPG

 

ジャーン!! とうとう買ってしましました。オールドローズバラです。

 

真島先生もご自分の庭で育てられていて、著書やバラセミナーの際に

 

熱くお勧め頂く香り高きバラ、「ジャック・カルティエ」ですハート

 

用意していた苗の中から、真島先生にグッド手手手な苗を選んでもらいました。

 

以前から是非育ててみたいバラで、良い苗に出会えてチョーラッキーですきらきら

 

狭いスーペースの中、結局、2016年もたくさんのバラをお迎えしてしましたビックリ

 

新配合での植え替えや、新たに購入した「剪定ばさみ」での剪定の様子は、

 

「2017年のスタート」と題してまたまたご報告しますねバイバイ

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM